焦ってメールアドレスを聞き出そうとしても上手に行きません

出会い系サイトを通じて知り合った人と焦ってメールアドレスの交換をしようとしまうと失敗してしまいやすくなってしまいます。
ですがこちらはもうアドレスの交換を伝えても大丈夫だろうと思っていても相手がそのつもりではないのであれば交換をしてくれません。
アドレスの交換をしたいと思うのであれば、まずは相手から送られてきたメールをもう一度読み返すことをオススメします。
最初に送られてきたメールから最近のメールなどを全て確認をするようにして相手に変化はあったかどうかなどを確認するようにしてください。
最初の頃と比べると親しみが込められているかどうかなどをチェックしてみてください。
最初の頃とそれほど変わっていないのであればまだ警戒をしているというわけですので、まだアドレスの交換を申し出をするのは早いと判断をするようにしましょう。
例えば共通の趣味などで話が盛り上がっていたとしても、自分のことについて相手が質問をあまりしてこないという場合もまだメールアドレスの交換は早いと判断した方が良いでしょう。
これは相手が関心を持っている話に食いついているだけでこちらに関心を持っていない可能性があるのです。
逆にこちらに対しての質問が以前と比べると増えてきているのであれば、後はタイミングを見計らってメールアドレスの交換を申し出るようにしましょう。
質問をされたらきちんと答えるようにしつつ、相手にも質問をするようにしておけば、こちらも相手に対して関心を持っているということを伝えることが出来るようになります。
そしてタイミングを見計らってメールアドレスの交換をしたいということを伝えるようにしてください。
ただ相手がまだ色々聞きたそうなのであれば、相手の気持ちを優先させるようにしましょう。
まだ質問などをしたいということはまだこちらのことを理解していないということです。

関連記事